パーテーションのおかげで、オフィスにプライベート空間が生まれました!

オフィスでのパーテーションあれこれ

オフィスのレイアウトを考える際に、パーテーションは重宝します。 壁にしてしまうと、柔軟にレイアウト変更ができなくなってしまいますが、可動式のパーテーションを使うことで融通がきくことは少なくありません。 オフィス内で各課の規模が変わったり、組織変更があったりすると、痛感します。 セクショナリズムの撤廃を歌っている私のオフィスでは、パーテーションはほどよい間仕切りの役割を果たしています。 セクショナリズムの撤廃、すなわち風通しのよいオフィスであるためには、物理的にも心理的にも壁は減らす、なくす必要があります。 パーテーションは壁ではあるものの、場面によってその壁を移動して取り払ったりすることもできるため、ある意味都合のいい壁と言えます。 また、年に何度かパンフレットが大量に納品されてくるのですが、その際にもパーテーションは役に立っています。というのも、年に数回のタイミングではなく、倉庫やスペースを年間通じて確保するのはもったいなく、一方でオフィス内にパンフレットの山ができ、目に入るのは決して気持ちのいいものではありません。パーテーションはオフィス美化にも一役を買っています。 気持ちのいいオフィス作りには、パーテーションは必要不可欠です。

簡単に設置できるしアレンジしやすいはじめは独特な匂いに悩まされるかも?他の会社にも勧めたくなるくらいおすすめオフィスでのパーテーションあれこれ